【カナーボン唯一の観光地】ワンマイルジェッティでマグロ釣り

みなさんごきげんよう!

JPです。

 

今日はヒマなカナーボンの唯一の観光地

ワンマイルジェッティ(One Mile Jetty)のご紹介です。

 

その名の通りワンマイルの距離がある超長いジェッティ(桟橋)です。

観光地というよりは釣りスポットで毎日にぎわってる感じですかね^^

 

 

場所はココ

シティから車で5分ほどの場所なので、気軽に行けるのもいい感じ。

 

 

車では近いけど、歩く距離は長い

こんな感じで延々とまっすぐにジェッティが続いてるんですが

 

1マイル(約1.6km)あるので先端までは2~30分ほど歩かんとダメです。

釣りを楽しむためなら仕方ない。

 

釣りしない人なら一回行ったら十分ちゃうかな~って感じ。

まあ夕陽は何回見てもいいぐらい、死ぬほどキレイですけどね~。

 

 

 

先端はボロボロすぎて、逆にかっこいい

ジェッティの先端まで行くと、超危険ゾーンにさしかかります。

 

まずは柵を超え。。。

 

 

足場の無い桟橋を進みます。。。

 

 

 

謎の休憩所までくれば、ほぼ先端です。

 

ようやくここで釣りがスタート!

 

 

まあ先端まで来る意味は特に無いんやけどね(^^)/

 

雰囲気大事でしょ(^^)/

 

 

360°超絶景の夕陽を見ながら、みんなでのんびり釣りです。

 

今回は日本人と韓国人6人で行って約1時間半で10匹以上釣れました^^

マグロ系とスズキ系。

 

1メートル越えのウミガメも大量発生。

カニやエイが泳いでたり、ジュゴンやイルカ・サメも出るとか。。。

なかなかオモローなスポットです(^^)/

 

 

高い魚も釣ればタダ!

オーストラリアは魚介類がクソ高く

海沿いのカナーボンでさえ、サーモン2切れで700~800円ほどします。

 

バサっていう白身魚ならコールスで安く買えますが^^

【超キモうまい!】パースで食べれる、唯一のうまくて安い魚はコイツ。BASA('ω')

2016.12.04

 

釣った魚はウロコをとって、ハラワタ抜いて、3枚に卸します。

ここまでできれば、ワーホリ来た甲斐があるってもんやわ。

 

 

料理教室の様子。

 

 

チリファームでパクってきたチリと

庭で育ててるバジルをのせて

オーブンで焼きます。

 

全部タダ!!!

 

 

中国・韓国・日本

それぞれでおかずを作って、持ち寄ってみんなで食べたりします。

ありがたや~。

 

ファームジョブは、それぞれが働いてるものを持って帰ってこれるので

けっこうタダでいろんなものが食べれます^^

 

カナーボンの今の時期だと

バナナ・スイカ・メロン・トマト(もうすぐ)・なすび・チリ・オクラ・インゲン・カニなどなど。。。

 

庭にもバジル・ネギ・インゲンが植えてるので食べ放題!

 

 

食事と夕陽だけが楽しみにカナーボンの楽しみ方のご紹介でした。

今日もカニ鍋やで~。

 

 

では、今日はこのへんで。

明日も、あさっても、おいでやす。

 

 

次はジュゴン釣るで~。

スマホと共に旅を。場所を選ばない稼ぎ方


脱サラをする為に。


夢の独立をする為に。


バックパッカーで世界を周る為に。


今はスマホだけで稼げる時代って知ってました?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。