【1月26日オートラリアデイ】オージー・アボリジニの温度差と僕の偏見的視点

みなさんごきげんよう!

JPです。

 

今日は、毎年1月26日の祝日「オーストラリアデイ」について

何の祝日か全然分からなったので、調べてみました!

少し興味深い動画を見つけたので併せてご紹介します。

 

 

そもそもオーストラリアデイとは?

1788年1月26日に植民を目的としたイギリスの艦隊がシドニー・コーブに到着した事に因んで定められた。数十年間は認知されていなかったが、1818年にニューサウスウェールズ州の知事ラックラン・マッコーリーが祭典を開いた事で定着した。1994年には全土で祭典が開かれる様になり、音楽演奏会も行われ、首相の声明文も読まれる。現在では広く支持されているものの、アボリジニやその擁護者達からは批判的な声も聞かれる。

※Wikipediaより引用

 

一言で言うと、イギリス人がオーストラリアに上陸した日ですね。

イギリスはアメリカの独立により、アメリカに代わる流刑地を探していました。

そこでオーストラリアのニューサウスウェールズを

1788年1月26日から流刑植民地として制定し、イギリス人の移民を始めました。

 

当時はこの日をアニヴァーサリー・デイと呼んでいましたが

1890年代から全土で「オーストラリアデイ」として統一した公式の祝日となりました。

 

 

街はお祝いムード一色

 

街のいたるところに国旗が掲げられ

国旗を持ちながら歩いたり、顔にペイントしたり

バーベキューしたり、お酒を飲んだり

多くの人がホリデーを楽しんでる感じでした。

 

僕の家の近くでも花火が予定されてたんですが

急な事故で中止になってしまい残念無念でした。

 

 

先住民アボリジニから見るオーストラリアデイ

 

で、興味深い動画というのがコチラ。

 

約4万年前から住んでいるアボリジニにとっては

白人移民が上陸(侵入)=植民地支配が始まった日

という捉え方なんですね。

 

Wikipediaの最後の文にもありましたが

アボリジニやその擁護者達からは批判的な声も聞かれる。

わけです。

 

この動画の中では、オーストラリアデイのことを

・全てを失った日

・invasion day (侵略された日)

・racism(人種差別)

といったワードで表現されています。

 

あんなに盛大に祝うなんてひどいよ。

なんでよりによって26日なんだ、と話してる方もいますね。

 

 

アボリジニに対する僕の客観的視点

みなさんのアボリジニのイメージってどんなんでしょうか?

僕は、先住民として僻地にほそぼそと生活しているもんやと、最初は思ってました。

 

そんなことはなく、僕の住むパースには多くのアボリジニ達が生活しています。

 

偏見があるかもしれませんが、彼らを一言で言えば

タチの悪いホームレスです。

 

若い子たちは、学校に行ったり、白人と混ざって歩いてるところを見ますが

大人の彼らは、基本、公園に5~10人ほどでタムロしてます。

 

朝から酒を飲み、ゴミは散らかしっぱなし。

警察に職務質問されてるところを毎日見かけます。

 

僕はまだ被害は受けてないですが

カバンをひったくられたり、ツバを吐かれたり

すれ違いざまに、いきなり殴られたり、と

正直良い噂は聞きません。

 

 

もちろん、アボリジニ全員がそうではないとは思います。

 

が、バスで10人ほどゾロゾロと乗ってくると、

めちゃくちゃ臭いし、威圧感MAXなんで、たまに降りて逃げます。笑

 

 

アボリジニの現状

植民地時代にスポーツハンティングなどのアボリジニ排除政策がとられ、

その償いとして、現在は、彼らに対する補償がとても厚くなってるみたいです。

 

聞いた話によると、月1000ドル(約8万円)の生活保護を受けてるんだとか。

子どもさえ作れば、その手当ももらえて、働かずとも生きていける

彼らを甘やかした結果が、今の現状なのかもしれません。

 

 

オージーたちは、彼らをどう思って、この祝日を祝ってるんでしょうかね?

また機会があれば、話を聞いてみたいと思います!

 

 

では、今日はこのへんで。

明日も、あさっても、おいでやす。

 

スマホと共に旅を。場所を選ばない稼ぎ方


脱サラをする為に。


夢の独立をする為に。


バックパッカーで世界を周る為に。


今はスマホだけで稼げる時代って知ってました?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。