DIVVEEの記事を非公開に追いやられた件について

みなさんごきげんよう!

JPです。

 

えー

今回はDIVVEEについての記事です。

 

当ブログでは、前回書いたDIVVEEの記事は非公開にしてます。

 

ですが今回は、敢えてまた、新たに書きます。

 

また会員の方が粗探しに来るでしょうが

僕は起きた事実だけを書くので、宜しくお願い致します。

 

 

前回の記事は、会員から削除依頼が来たので非公開に

 

以前、当ブログでもDIVVEEについての僕の見解を記事としてUPしました。

 

そしたら、あっという間に、アクセスランキング1位になりました。笑

それぐらい今、話題のビジネスということなんでしょう。

 

ですが、その後

記事のコメント欄や、LINE@に

DIVVEE会員からの記事削除依頼が殺到しました。

 

ご存知かもしれませんが、

現在DIVVEEの内容を、ネット上で公開することが会社側から禁止されてます。

 

Web上やSNS等の公開資料について

ウェブサイトや個人のSNS上でDivveeのロゴを使用した資料や動画を公開している方に対し、Divvee本社からの通達です!!

ウェブサイトや個人のSNS上に、間違った情報や古い情報が混在しています。

即座に全てを削除し、改めてDivvee社の承認を得てから公開をしてください。

このビジネスは、ウェブ上にてMemberを募集する事は問題ありません。しかし公開内容をDivvee社の承認を得てから掲載するようにしてください。

今後、WebやSNS等にDivveeのプログラムに関わる内容を会社に許可なく無断で公開した方は、会社の規定違反として除名され、仕事ができなくなりますので、ご注意ください。

 

僕もその一人だったということで、削除依頼がきました。

 

最初はほっておいたんですが

最近は、ほぼ脅し・裁判するぞレベルまできたので非公開にしました。

 

が、僕は会社の批判とか何もしてません。

詐欺だ!とか、危険だ!とか色々と言われてますが

ネット上で調べた内容に対して、自分の見解を書いただけです。

 

とはいえ、僕自身、DIVVEEの最新情報を常に取り入れてる訳ではないので

もしかしたら古い情報があったのかもしれません。

 

それについては、該当する部分もあると思うので、言う通り非公開にしてます。

 

 

そんな脅しまでする人達と仕事したくないわい

 

僕はDIVVEEを薦める気もないし、入る気もないです。

正直時間があればやってもよかったとも思ってます(^^;

 

ですが、今回のように

SNSやブログなどで記事を公開している人を晒しあげ

脅しまで平気でする人たちと一緒のビジネスに参加しようとは思わないです。

 

個人レベルでのSNSにまで規制かけるなんて

今のネット社会で、ほんまにできると思ってるんですかね??(^^;

 

 

これ以上書くとグチになるので、このへんにしておきます(^^)/笑

 

 

僕が扱っている在宅・継続収入型アフィリエイトはこちら。

オーストラリアでヒマしてる僕が、いつでもサポートします(^^!!

【スマホx在宅x権利収入=ADSって何ですのん?】ネットビジネス×MLMの再現性100%アフィリエイトだ!

2015.09.22

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。